ハムライス的日常
5歳児ハムちゃんです。保育園もいよいよ最終年。 毎日いろんなことを学んでいます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
逆子をなおす8 外回転術、いざ手術室へ
逆子をなおす外回転術のため、
いよいよ入院したお母さん。

病棟の診察室で、
まずは赤ちゃんの胎位のチェック。

「やっぱりまだ頭が上ですね・・・。」

それからベッドに横になり、
分娩監視装置をお腹に巻き、
赤ちゃんの心拍数と子宮の張り具合をはかる、
NST(ノンストレステスト)をします。

並行して、腕から、お腹の張りを抑える点滴をします。

「時間が決まったらお知らせしますので、
 お部屋で待ってて下さい。」

「いてっ」
慣れないので、点滴の針を刺したところをあちこちに
ひっかけながら、
車輪のついた、点滴吊るし台をお供に
病室やトイレを移動していると、
気分はすっかり入院患者。

ベッドで持参した本や雑誌を読みながら、
それでもお母さんは、まだまだ楽観モードです。

そこへ助産師さんからコールが!

「11時半からに決まりました。
 トイレを済ませて、手術室前まで来てください。」

しゅ、しゅじゅつしつぅ!? 
手術室まで行くと、
もう数人の助産師さん、看護師さんが待機して
タオルやらモニターやらを忙しげに準備しています。

外回転術といっても、
何やらマッサージみたいなものを想像していたお母さん。

狭い手術台の上に横になり、膝を立ててお腹を出します。
手術灯に煌々と照らされ、にわかに高まる緊張・・・。

「きっとうまくいきますよ、
 この前も帝王切開予定で入院された方も、
 直前で先生が外回転で逆子なおしちゃったんですよ。
 大丈夫、先生のゴッドハンドに期待しましょう!!」

助産師さんに励まされても、高まる不安
満を持して登場した先生も、
ドラマで見るようなバッチリ手術衣&帽子だし!!

何が始まるのでしょう・・・・。

先生は、お腹にプローブをあてて、
超音波で胎位をチェック。

「ここが頭で…背中…お尻がここ…。よし。
 (ベッドの)頭を下げて。もうちょっと。」

手術台が頭の方に傾き、
ググッと赤ちゃんが骨盤から出て胃のほうに寄ってきます。
スポンサーサイト

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:育児

【2008/07/03 06:18】 | 2人目妊娠・出産 | コメント(0) |
<<逆子をなおす9 外回転術、その結果は? | ホーム | 逆子をなおす7 外回転術入院に備えて>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
プロフィール

ハムライス

Author:ハムライス
愛称:ハムちゃん
保育園も5年目。
いま4歳児クラスです。

お父さん(ハイシライス)、
お母さん(オムライス)に、
小さい妹ソーちゃん(ソースライス)♪
お父さんもお母さんもお仕事しているので
毎日大忙し!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。