ハムライス的日常
5歳児ハムちゃんです。保育園もいよいよ最終年。 毎日いろんなことを学んでいます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
初めてのバレンタインデー
今日はバレンタインデー。
みなさん、心に秘めた愛を誰に打ち明けましたか?

私が朝起きると、
お母さんは枕の下に仕込んであった茶色い物体を
私の手に握らせてくれました。

チロルチョコ。

お母さんが、
「はい、お父さんに『どーぞ!』してー。」
と言うので、
そのチョコをお父さんにあげました。

お父さんは、初めての娘からのチョコレートに
ニコニコ顔でお仕事に出かけたのでした…

というのは、お母さんが作った筋書き。
そうは問屋がおろしません!
まず、朝起きてお母さんが
枕の下に仕込んであったチロルチョコを
私に握らせようとします。

なに?この四角くて固いの?

私は気味が悪いので触りたくありません。

でも、お母さんが無理やり持たせるので、
仕方なく手に持って、
匂いを嗅いだり噛んでみたり。
瞬時によだれまみれにします。

するとお母さんが言います。
「ハムちゃん、お父さんに『どーぞ!』して~」

私のお返事は、当~然、

「いや!」
これで決まりです。

「そんなこと言わんと、『どーぞ』してよー」
「いや!」
「ハムちゃん、ほんまにケチやねぇ。
 じゃ、お母さんにちょうだい。」
「いや!」
「そう。ふーん。じゃ、まんま食べに行こうか。」
「いや!」

キッチンへ行こうと立ち上がったお母さんに
すかさずすがりつきます。

「あ、あ!(だっこして!)」
「さあーだっこしようね。
 お父さんに『はい、どーぞ。』してから行こう。」

そう?もうー仕方がないなー。
しぶしぶお父さんにあげることにします。

それでもお父さんは嬉しそう。
こんなことで喜んでくれるなら、
来年もあげてもいいよ。チロルチョコ。
スポンサーサイト
【2007/02/14 23:49】 | 日記 | コメント(0) |
<<ハムライス文庫2 「ぎったんばっこん」 | ホーム | ひみつの部屋>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
プロフィール

ハムライス

Author:ハムライス
愛称:ハムちゃん
保育園も5年目。
いま4歳児クラスです。

お父さん(ハイシライス)、
お母さん(オムライス)に、
小さい妹ソーちゃん(ソースライス)♪
お父さんもお母さんもお仕事しているので
毎日大忙し!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。