ハムライス的日常
5歳児ハムちゃんです。保育園もいよいよ最終年。 毎日いろんなことを学んでいます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ホックルさんが来るぞ
恐怖の使者、ホックルさん。

お父さんによると、
背は2m以上あって、
背中を大きく前に曲げて、
両手を前でブランブランしながら
すごく速いスピードで歩きます。

山男のようかと思いきや、
ちゃんと携帯電話を持っているらしく、
ときどきお父さんと電話でお話します。

「あ、ホックルさんですか?
 ハムちゃんが食べ物をポイポイ投げるんです。
 すぐ来てください。」

顔面が恐怖で凍りつく私。

ホックルさん、もう近くまで来たって。
 もうすぐこっちに来るよ。」

い、いやー!!(半泣き)

お母さんが必死で取りなしてくれます。

「ほら、ハムちゃん、投げたの拾って。
 ちゃんと食べられるよね。
 ハムちゃん頑張って食べてますよーって
 お母さん、ホックルさんに言ってあげるから。
 ほら、頑張って食べよ。」

恐怖に頬を引きつらせながら、
必死でお口をあーんと開けます。

また、こんなときも、
ホックルさんはうちに来ようと狙っています。
夕食後、散々お母さんにピアノ(キーボード)を弾いてもらって、
お歌を歌って遊んでるとき。

「さあ、ハムちゃん、
 そろそろお片づけしてねんねしようか。」

「いや!」

「じゃあ、お父さんとお母さんだけ先にねんねするね。
 ハムちゃん朝まで起きときよ。」

「いや!」

「じゃ、一緒にねんねする?」

「いや!」

「ふーん、ハムちゃん、遅くまで一人で起きてたら
 誰が来るか知ってる?
 ホックルさんが…」

う、うわぁーん!!
「くわい!くわい!(怖い)」

泣きべそかいて
お母さんに駆け寄ってしがみつきます。

「じゃ、早くお片づけして
 一緒にねんねしよか。」

「(うん、うん)。」激しくうなづく私。

抱きついたお母さんの肩がプルプル震えています。

横目を開けて見てみると、お父さんも
うつむいて肩をプルプル震わせています。

お父さんもお母さんも怖くて震えているのかな。

……もしかして、笑ってる!?
スポンサーサイト

テーマ:★★1歳児の日常★★ - ジャンル:育児

【2007/08/16 22:51】 | 日記 | コメント(0) |
<<お手伝いして! | ホーム | もうすぐ誕生日>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
プロフィール

ハムライス

Author:ハムライス
愛称:ハムちゃん
保育園も5年目。
いま4歳児クラスです。

お父さん(ハイシライス)、
お母さん(オムライス)に、
小さい妹ソーちゃん(ソースライス)♪
お父さんもお母さんもお仕事しているので
毎日大忙し!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。