ハムライス的日常
5歳児ハムちゃんです。保育園もいよいよ最終年。 毎日いろんなことを学んでいます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
お姉ちゃんみたいに
私の憧れの人。

それは、お耳のお薬のお姉ちゃん。

点耳薬のおねえちゃん


先日みずぼうそうにかかった時に、
なぜか右のお耳から耳だれがして、
お医者さんに点耳薬をもらいました。

点耳薬のおねえちゃん2


そのお薬の使い方を説明した紙に、
載っていたのが、このおねえちゃんなのです。

お利口そうな顔。
ギャーギャー泣かずに落ち着いてお薬を
お耳にさしてもらってて、
かっこいいんです
最初はもちろん、私も大泣きですよ。

だって耳に水が入ってくるんですよ。
気持ち悪いじゃないですか!!

そこで、お母さんは、ふと思いついて、魔法の一言。

「ほら、おねえちゃん見てごらん。
 お利口さんやねぇ。
 じーっとお薬ポトンポトンってしてもらってるよー!!
 ほら、ハムちゃんもできるよね?
 ハムちゃんも、もう赤ちゃんじゃないもんね、
 おねえちゃんやもんねー?」

「…(コクリ)。」

それから、お母さんのお膝に横になりました。
ちゃんと悪いほうの右のお耳を上にして。

「ね、最初はお耳キレイキレイしてもらってるねー。」

と、綿棒で耳の中のジクジクをぬぐいます。

「さあ、ポトンポトンってするよー。
 おねえちゃんみたいにじーっとできるかな?」

ひゃー。冷たい。

「まだよ、まだよ、ハムちゃん。
 おねえちゃんみたいにこのままねんねしてて。」

もちろんですとも。
おねえちゃんみたいに、
両手をほっぺの下にしいて。

「さすがやねー、ハムちゃん!
 ハムちゃんもおねえちゃんみたいに上手にできたねー!
 お利口さんやねーー!!」

い、いやぁ、それほどでも…(まんざらでもない。)

その日以来、私もおねえちゃんみたいになりたくて、
お耳のお薬をさしてもらいたくてたまりません。

お風呂から上がると、
裸んぼうでお母さんに駆け寄り、

「おみみ!おくしゅり!ぽちょんぽちょん!!」

お昼寝の後、シャワーを浴びても矢の催促。

「おみみ!おくしゅり!ぽちょんぽちょん!」

病児保育に行っても、
私が、お耳のお薬を全然嫌がらないものだから、
スタッフのおねえさんに誉められちゃいました。

「ほんとに我慢強いお子さんですねー!!」
「あ、いえ…(我慢強いっていうか…。)」


お母さんは、最近小さな悩みをかかえているようです。

「…もうハムちゃんのお耳、
 治ってるんやけどなぁ…。
 どうやってお薬止めさせよう…?」


スポンサーサイト

テーマ:★★1歳児の日常★★ - ジャンル:育児

【2007/07/16 22:54】 | 日記 | コメント(0) |
<<つめたいマクラ | ホーム | 到着!朝採り野菜>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
プロフィール

ハムライス

Author:ハムライス
愛称:ハムちゃん
保育園も5年目。
いま4歳児クラスです。

お父さん(ハイシライス)、
お母さん(オムライス)に、
小さい妹ソーちゃん(ソースライス)♪
お父さんもお母さんもお仕事しているので
毎日大忙し!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。