ハムライス的日常
5歳児ハムちゃんです。保育園もいよいよ最終年。 毎日いろんなことを学んでいます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
おばあちゃんは博物館員

夕ご飯どき、ピンポーンと玄関ベルが鳴りました。

お母さんと顔を見合わせて、

「誰やろ?」
「ばーちゃん!」

私の勘は当ってました。
やってきたのはおばあちゃんからの小包!

出てきたのは…巨大なレモン!!

おばけレモン


小顔でならす私の顔ぐらいあります!!


それから出てきたのが…



小さなキーボード!!

さっそく鳴らしてみます。
これを触らずにおられよか。

譜面片手に弾き語り


レモンにも驚きましたが、
このキーボードも聞いてびっくり。

お母さんが小学生の頃に遊んでいたものだと
言うではありませんか。
サンプリング機能とか付いてるけど、
…もしかして80年代テクノブーム?

おばあちゃん、あり得ない物もちの良さっ!!

「っていうか、モノを捨てられないだけちゃうの?」

ちっちっち(指ワイパー)、お母さん。
今日の夕刊の記事読みましたか。

以下、2007.6.19付 日本経済新聞 夕刊
コラム『あすへの話題』「家族アルバムの消滅」より引用。


1970年代、ある週刊誌が
「わが家のこの一枚」という企画をやった。
(中略)そうすると、出てくるわ出てくるわ
全国から古写真が集まった。
ちょんまげを結った幕末期のご先祖の記念撮影から
戦時下の食事風景などまで。

米国人の日本研究者サイデンステッカー氏はこれを見て
「国民全体が博物館員になっている
 驚くべき日本人」と高く評した。(中略)
同氏はよく物を保存する勤勉で優秀な国民と
日本人を評価されたが、さて今はどうだろう。

家族は小さいながら記憶を共有し、
次代に継承する大事な「博物館」の機能を持つ。(後略)


「むむむ…勤勉で優秀な国民とな…。」

お母さんだって、
このキーボードで遊んだことすら忘れてたのに、
見て触れたら記憶がよみがえるでしょ?
それに私がこれで遊んだら、
その記憶も「次代への継承」ってわけ。

「捨てられない」のも、ひとつの価値かもね。

貴重な記憶をありがとう、おばあちゃん!!


スポンサーサイト

テーマ:★★1歳児の日常★★ - ジャンル:育児

【2007/06/19 23:30】 | 日記 | コメント(0) |
<<バイキンマン、いーっぱい! | ホーム | 母の腕、母の胸、母のハラ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
プロフィール

ハムライス

Author:ハムライス
愛称:ハムちゃん
保育園も5年目。
いま4歳児クラスです。

お父さん(ハイシライス)、
お母さん(オムライス)に、
小さい妹ソーちゃん(ソースライス)♪
お父さんもお母さんもお仕事しているので
毎日大忙し!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。